【人妻体験談】バツイチで高身長なビルの熟女オーナーさんと中出し2連発で童貞卒業し、それからセックス三昧

これは俺が二十歳の時の話です。
当時俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。
彼女はそのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。
彼女はバツイチの42歳。
旦那の浮気で離婚。
慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。
垂れ目で、顔だけ見るとやさしそうな印象を受けますが、身体はかなり大柄です。
身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。
服は少し派手目の物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。
タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。
その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。
そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。
招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。
その日も彼女がやって来ました。
深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。
多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。
「このままじゃ治まらないから、この後家で続きをしましょう!」と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。
当然俺も連れて行かれるわけです。
近くの飲食店で軽く腹ごしらえをし、彼女の部屋に向かいます。
彼女の部屋は3LDKのマンション。
1人暮らしには広すぎる間取りです。
麻雀仲間は30代くらいの水商売風の女性Aさんとその友人(ヒモみたいな男20歳後半か30くらい)の2人です。
ほとんど毎回このメンバーです。
2人は彼女の家の中で待っていました。
自動ジャン卓に座ると挨拶もそこそこに麻雀が始まりました。
そのまま朝になってしまいました。
このメンバーでやるとほとんどの場合朝7時くらいでラストになります。
麻雀が終わるとAさんが「今日部屋借りるね。このまま店に行くから昼間で寝かせてよ」と彼女にたずねました。
「いいよ。いつもの部屋使って」と眠たそうな顔で答えました。
よくある事らしい。
男もAさんに着いて奥の部屋に入って行きました。
自分もそろそろ帰ろうと、ソファーで横になる彼女に帰りの挨拶をしました。
「じゃ、俺も帰りますね。おつかれさまでしたー」その声を聞いて彼女がこちらを向きました。
「まぁゆっくりして行きなさいよ。休みなんでしょ?コーヒーでも入れるわ」彼女は、ソファーから起き上がりキッチンへ歩きながら言いました。
「少し休んだら私が車で送ってあげるから」俺は冬休み中だったので、講義もないし、その日はバイトも休みだった。
「じゃ、お願いします」俺もソファーに座りコーヒーを頂くことにしました。
しばらく朝のワイドショーでも見ながら取り留めの無いことを話していました。
しかし徹夜の後ですので当然睡魔が襲ってきます。
眠くて仕方が無くなってきました。
頻繁にあくびをする俺に「あ、眠いならちょっと寝る?」と彼女も少し眠そうな声で言いながら、寝室を指差しました。
寝室はどうやらさっき2人が入っていった部屋のようです。
「あ、でも2人が寝てますよね?悪いじゃないですか…ソファーでいいです」俺が言うと彼女が少しい笑いながら言いました。
「そうねwたぶん真っ最中だから入らないほうがいいわねw」実は俺も気付いていました。
奥の部屋からSEXの雰囲気がします。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。