【人妻体験談】バイク事故で入院した友人の見舞いに行ったら友人の母と会い、絶え間ない言葉で口説かれてホテルでセックス

去年の秋に友人がバイク事故で入院した。
見舞いに行ったら友人の母も来てた。
初対面だったが気さくな人だったのですぐに打ち解けた。
俺と友人は同級生で当時23歳、友人の妹は21歳で離れた所に嫁いでいる。
友人の母は40代半ぐらいだと思う。
面会時間ギリギリまでいたので二人一緒に病院を出て、俺の車で家まで送ることになったのだが、その途中でホテルに誘われた。
確かに俺は熟女好きだし、スリムで愛嬌のある彼女は好みのタイプだが、友人の母ということで全然そんな目で見てなくて、マジびびった。
俺がすぐに断らなかったので脈有りと思ったらしく、絶え間ない言葉で俺は口説かれた。
友人から聞いてはいたが10年程前に離婚しており、一人で二人の子供を育て上げた苦労人だ。
15年ぐらいセックスレスで自分が女だと忘れそうとか、今日は誰もいない家に帰りたくないとか、
悪いようにはしないから助けると思ってお願いしますとか、何だか俺が悪い事してるような気分になって結局ホテルに入ってしまった。
ホテルに入ってしまったらもう後戻りはできないので、俺は開き直って何も考えずに楽しむことに決めた。
まずは部屋に置いてあるインスタント食品で腹ごしらえして風呂を沸かした。
二人で入ろうと思ったが彼女が恥ずかしがって無理だったので彼女が一人で先に入った。
俺が風呂から出ると彼女はベッドの中で待っていた。
俺がベッドに入るとすぐにフェラをしてきた。
フェラの最中に俺が彼女の背中や脇腹を愛撫すると敏感に反応したので、それを見て俺のペニスはどんどん大きく硬くなった。
彼女はセックスの経験自体が少ないらしく、元旦那が淡白だったせいもあるが人生で50回もないと告白した。
熟女に責められるのを想像していたのだが、経験の少ない敏感な熟女を責める喜びの方が大きかった。
まず全身を優しくマッサージして徐々にくすぐるような愛撫へと変化させる。
乳首や股間の敏感な部分には触れずに一時間以上舌と十本の指で愛撫を続ける。
この時点で彼女の股間はグチョグチョになっているが、さらに乳首やクリトリス、襞の内部、アナルも愛撫の対象に加えて、
ゆっくりと焦らすようにさらに一時間ぐらい愛撫を続ける。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。