【人妻体験談】ラブホのおばちゃん従業員のオナニーを覗いた結果、二人で空き部屋を使ってセックスするのが日課になった

二年ぐらい前までラブホで雇われ店長?をやってました。
日中の仕事だけでは生活するのがやっとで、
小遣いも少なかったので生活費の+αと小遣いの足しになればと三年ほど夜にバイトしてました。
一年経ってからラブホ社長から「夜は任せるから」と雇われ店長に任命?されパートのおばちゃん三人をローテーションで使い、
基本的には夜は私と三人のうちの一人のおばちゃんで切り盛りしてました。
ラブホはガレージタイプでガレージから階段を上がると部屋があるタイプ、片面5室が背中合わせであり計10室ありました。
階段を上がると部屋に入る扉と作業場に通じてる扉があり、客が退室すると作業場扉を開け部屋掃除をするといった感じでした。
平日はほとんど利用客もなく、土日祝日や連休の時は満室になってました。
三人のおばちゃんのうち
「この人と何かエッチな事できないかな」
と狙っていたおばちゃんがいて、あ、おばちゃんと言っても当時私は45才でその人は50才だったので「お姉さん」ですかね。
そのお姉さんは美恵子さんといい、旦那さんは既に亡くなっていて、娘が二人いて二人とも結婚して二人とも近くで家庭を持っていて今は一人暮らし。
タイプはぽっちゃりで決してデブでない体型でぽっちゃり好きの私はだから目をつけた訳なんです。
顔立ちは「痩せると綺麗」と言われるタイプ。
ある夏の平日夜の出来事です。
美恵子さんは夏はいつも上はTシャツで下は膝上のスパッツに首にはタオルをかけ、いつも汗だくになって仕事してました。
そのスパッツ姿に物凄くそそられるんです。
何度か目撃したのですが…
そのラブホはかなり古く部屋の改装は何度かしてたみたいなんですが、
部屋扉と作業場扉はかなり緩く隙間があり女性客で喘ぎ声が大きいと作業場まで筒抜けで聞こえるんです。
私は他のおばちゃんの時はしないんですが、美恵子さんの時は事務室扉をソッと隙間を開けコッソリと美恵子さんを見てるという、
ちょっとした変態行為をしてました。
そして、作業場扉に耳を近づけ中の喘ぎ声を聞いている美恵子さんをたまに見る事がありました。
そして、あの日。
その日は私は日中仕事が残業でラブホ行くのは22時過ぎると言ってあったのが残業が早く終わり21時前にはラブホに到着したんです。
「今日は美恵子さん出番の日…コッソリ上がってコッソリ覗き見しよう」
と静かに静かに事務室に入りソッと扉を開けると…また美恵子さんは扉に耳を近づけてました。
ただ、いつもと違うのは…背中越しだったんですが明らかに片手で胸を揉み、もう片手は股間に伸びていたんです。
そして下半身をモジモジさせながら大きな尻を小刻みに震わせてました。
明らかに客の喘ぎ声を聞きながらオナニーしてたんです。
多分、私がまだ来ないと思ってだと思います。
それを見ていた私の肉棒ははち切れんばかりに勃起しました。
そして私は意を決して美恵子さんの後ろから気づかれないようにソッと忍び寄りました。
美恵子さんのすぐ後ろまで近づきましたが全く気づかず、夢中で中から聞こえる喘ぎ声に聞き耳を立て、
近寄って解りましたが股間の手はかなり動いてました。
私は後ろからグッと抱きつき「美恵子さん」と小声で耳打ちすると「ぁ!」と中の客に聞こえないような
小声で美恵子さんは反応しました。
私は後ろから美恵子さんの胸を揉みながら「何してるんですかぁ」と耳に息を吹き掛けながら言いました。
美恵子さんの胸はとても大きく揉みごたえありました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。