【人妻体験談】旦那しか男を知らない娘の同級生の母親と不倫セックス

さほど家も近くではないのに、昔から顔見知りという女性がいる。
大半は妻の知り合いか、子供での知り合いということが多いようです。
今回、お話する女性もそのひとりです。
今から5年ほど前の6月初め、私が51歳になったばかりのことです。
その女性は英子さん、44歳。(名前と歳は後で分かったことですが・・・)
長女の同級生のお母さんです。
15年ほど前からの顔見知りでどこかですれ違うと挨拶をする程度の間柄です。
容姿は10人並ですが、歳よりはかなり若く見える色白のスリムな女性です。
市のカルチャースクールに買ったばかりの新車で行った。
帰る時、英子さんから
「新車ですね。私・・・、この車好きなんですよ。」
と声をかけて来た。
私が「送りましょうか?」とたずねると、英子さんは
「今日は自転車で来ているのでまたお願いします。」
と笑顔で答えた。
いつもGパン姿でスリムなわりには痩せているという印象が少ない女性です。
それから2週間ほど経った雨の日曜日、同じカルチャースクールでの帰り、
「今日は送っていただけますか?」
と英子さんが駐車場にやって来た。
正直言って私は昔から英子さんには好意を抱いていたので、喜んで車に乗せた。
私は駄目もとでお茶に誘った。
英子さんは何の疑いも持たずに快く私の誘いを受けてくれた。
ファミレスで2時間ほどお話をした。
結構話が盛り上がり、帰りに携帯の番号とメルアドを交換した。
旦那さんは不動産関係の仕事で日曜日は仕事だった。
日曜日は私の長女と同級生の娘さんはアルバイト、高2の息子さんはクラブでいつもひとりだと話していた。
私はそのことがずっと頭に残っており、思い切ってドライブに誘った。
英子さんは「本当ですか!」と驚き少し迷いの言葉の後、快諾してくれた。
梅雨が明けた7月の終わりの日曜日、英子さんはいつものGパン姿ではなく、白いブラウスに紺のミニタイトという服装で待ち合わせ場所にいた。
化粧もいつもと違う少し濃い目で涼やかな目のアイラインが印象的だった。
車は高速を2時間ほど走り、ダム湖を中心とした森林公園の駐車場に止まった。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。