【体験談】中出し精液のアクメに酔った女

0364
同じアパートの可愛らしい小柄のおばさんに中出し挿入

大学を卒業して就職、街中は高いので私鉄で5駅の場所にアパートを借りた。端部屋なので、隣と上下に挨拶をした。


お隣は好美さんと言う43歳の女性が暮らしていた。卵形の小顔で少し前歯が出ていてネズミっぽい可愛らしい小柄のおばさんだった。地元のお菓子を持って挨拶した。


「あら、ご丁寧にありがとうございます。」


人懐っこい笑顔で頭を下げた時、胸元から少し谷間が見えてドキッとした。


ゴールデンウィークに近所のスーパーで好美さんとばったり会った。俺の買い物籠の中身を見て言った。


「あら、良かったら一緒に食べます?」


好美さんの部屋にお邪魔して、一緒に鍋を突いた。一人では鍋は寂しいけれど、二人だと会話も弾んだ。


食後に、俺が持ち込んだウィスキーを呑みながら冗談を言い合って笑い転げていた。本当に気さくなおばちゃんだった。


それぞれの風呂に入るのはもったいないからと、この日は好美さんの部屋の風呂を頂戴した。


湯上りのパジャマ姿の好美さんをみたら、いくらおばちゃんでも色っぽく見えてチンポがスウェットを盛り上げた。


「あらやだ、こんなおばちゃんに反応するなんて、よっぽど溜まってるんだねえ。」
「だって好美さん、さっきまで可愛かったのに急に色っぽくなるんだもの。」
「嬉しい事言ってくれるじゃないの。アタシで良かったら相手しようか?」

好美さんの体は、小柄でも出るところと引っ込むところにメリハリがあるイイ体だった。下腹部に出産経験の証の縦筋が浮かんでいた。その更に下の縦筋からは、茶色のヒダがはみ出ていた。

開くと、茶色のマンビラは43歳とは思えぬほど小さく、中身は桃色の海が広がっていた。舌を這わせて、少し大きめのクリをレロレロと弾いた。

「ア…ハア~ン…」

色っぽい声だった。マン汁がにじみ出て、好美さんの腰が泳いだ。いきなり身を反転させて俺のチンポを咥えた。

「硬くて、大きいね…あの人のよりも大きい…」

虚ろな目でそう言うと、俺に馬乗りになってチンポをマン穴にハメて腰を揺らした。

「アウン、アウン、アウアウン…アウ、アウ、アウ、アウ…」

かなり気持ちよかった。今まで関係した女性で最も年上の+20歳だったが最も気持ちイイと思った。

気さくで可愛らしい顔で虚ろに喘ぎ、完全に感じ入っていた。このまま騎乗位では好美さんの中に出てしまいそうだったので、体勢を入れ替えて正常位に持ち込んだ。

「アンアンアンアンアンアン」

律動にあわせて喘ぐ好美さんの胸に、精液を飛ばした。薄らと笑みを浮かべながら、好美さんが俺を見ていた。


続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。