【人妻体験談】悪酔いしてきた義母にスイッチが入り、犯してしまった

妻の実家で妻(30)と妻の母(56)と暮らしているマスオ(仮名32)です。
昨晩、義母が少し酔って帰ってきました。
それを見た妻は呆れて2階へ上がり寝てしまいました。
義母はいつものワンピースの寝巻に着替えると、ガウンを羽織り片手に焼酎を持って出てきました。
マスオさん飲み直そう!と言われ付き合う事になったのです。
やがて、義母は酔いがまわり・・・膝を立てて太ももは丸見え、やがてベージュだがカットのきついパンツも丸見えになりました。
だらしなくなった胸元からは乳首がチラリと見えています。
やがて、寝込んでしまった義母を寝室に連れて行きました。
ベッドにやっと寝かせたと思ったら、悪酔いした義母が俺に抱きついてキスをしたんです。
その瞬間、何かのスイッチが入ってしまいました。
俺は、義母に覆いかぶさり服を脱がせてヤってしまったのです。
義母もさすがに抵抗してきましが、俺のものをぶち込むと最後はヒイ-ヒイ-泣いて喘ぎ、最後は俺にしがみついて、果てました。
次の朝、台所に立つ義母に声をかけましたが返事はありませんでした。
夕方、妻が出かけたあとで義母に抱きつくと、抵抗されました。
それでいて、無理やり胸に手を入れて乳首を指先で触るとすぐに固くなるのがわかりました。
「なんでこんな事するの」義母が困ったように抵抗してきます。
「お義母さんが昨晩キスしたからだよ。
バツとして今日も相手してもらいますよ」
「そ、そんな、あれは・・・」
有無を言わせず義母のパンティをはぎ取り、そのままぶち込みました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。