【人妻体験談】亡き親友の妻を抱いたまさかのきっかけ

親友が突然亡くなりました。
お通夜の時、奥さんが携帯電話の番号を教えてくれました。
葬儀などを手伝う上で連絡を取り合う必要があったからです。
私は以前から親友の奥さんのことが好きでした。
上品な顔でスタイルも申し分ありません。
本当はもっと色々話をしたいのですが、勇気は出ませんでした。
せいぜい、毎年の命日が近づくと電話して確認する程度でした。
そんな中、今年の2月に夢をみました。
夢の中でその奥さんを抱いていました。
友人が夢に出て来て、奥さんを頼むと言ってきたからのです。
それ以来、奥さんの事を考える日が多くなりました。
親友の三回忌も近づいたある日のこと。
仕事帰りに駅前で一杯飲んだ勢いで、奥さんに電話をしました。
奥さんに笑わないで聞いて欲しいと夢の事を話しました。
奥さんはやっぱり笑っていました。
夢の事を話したのがなんだか恥ずかしくなってしまい、出張が重なったこともあり、後日行くとだけ伝えて電話を切りました。
数日後。
奥さんに電話して、奥さんの仕事が休みの時にお邪魔することになりました。
平日だったので仕事を早引けしました。
お邪魔すると奥さんが地味な服装で出迎えてくれました。
親友の子供たちはすでに大きく、独立して奥さんが1人で住んでいました。
親友の家で仏壇で焼香を済ませたものの、先日の事もあり、何を話していいか分かりません。
しばらく世間話をして帰ろうとすると、奥さんが顔を赤らめながら…この前の夢の話、主人が本当に望んでいるかもしれないと言ってきました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。