【体験談】棚からぼたもちで人妻ゲット

kimamamh102200121
知らない人妻に知人と勘違いされて始まった不倫の関係。

これは不思議だけど ほんとうの話私の前に 突然 人妻が降ってきたようなめぐり合いなんです。


日曜日の昼間、女房はデパートに行き、私はボ~~っとテレビをみてましたその時、家の電話が鳴りました。


「もしもし、○山△男さん?」ぜんぜん 心当たりのない声です。

でも たしかに 私の名前。


「わ~ ひさしぶりね~ 私よ私 わすれちゃったの~?」キツネにつままれたような気分です。


「あの~ 誰でしたっけ?」「私よ ○○中学で 一緒だった あけみよ」ここで気づきました。


敵は だれかと完全に勘違いしてる。

こうなりゃ、ばれるとこまで つきあってやれ。


うまく Hまでいければ めっけもん。

できなくったって、もともとだ。

でも 共通の話題なんてなにもありません。


長電話してりゃ ばれるだけv「あのさ 今ちょっと手が離せないんだ。

明日の夕方でも 会おうか」
「うん、 じゃー駅前のトント(仮名)で 6時に待ってる」さ~ どこの駅だかわかりません。



続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。