【人妻体験談】義母のオナニーを見て興奮し、喘いでいる義母に熱くなったペニスをぶち込んだ

俺33歳、嫁24歳、義母46歳。
去年の3月までH市にある嫁実家で3人で暮らしていましたが、俺の転勤でY市の社宅に嫁と2人で住んでいます。
去年9月に嫁さんが妊娠してることが判明。
安定期だからとセックスレス状態で、少々欲求不満です。
そんな中、元々居た仕事で欠員が出たので、今年1月から3月末までちょっとだけ単身赴任が決まりました。
会社にはアパートを用意するからと言われましたが、嫁さんと義母の勧めで前に住んでいた実家に世話になることにしました。
システム管理の仕事なので日勤夜勤は当たり前、飯の用意までしてもらえるのが有難かったです。
最初の夜勤が終わり3日間の休みになった木曜の朝。
帰ったのは9時をちょっと回ったくらいでした。
疲れて昼過ぎまで寝てしまったのもあり、嫁さんには帰らないと連絡。
ぐだぐだ寝て夕方6時過ぎに目を覚ましました。
下半身は朝立ちならぬ夕立ち状態、シャワーでも浴びてスッキリしようと風呂に行くと、義母が先に入ってるようでした。
いつもなら義母はもう少し帰りが遅いのですが、その日は早かったようです。
あきらめて洗面所から出ようとした瞬間、目に入ったのは洗濯カゴ。
ピンク色のショーツらしきものが丸めてありました。
ホントに出来心でした。
思わずポケットに突っ込んで部屋に持って行ってしまったんです。
ベッドに座って広げるとやっぱり義母のショーツです。
嫁さんが穿いてもおかしくないような小さ目のヤツで、思わず義母の体を想像してしまいました。
嫁さんは死んだ義父さんに似て大柄で、胸もお尻もそれなりにデカイのですが、義母は150センチで童顔なので30代後半でも通りそうなくらいです。
つまり余り似ていません。
先日義母を街中で見かけたときなんぞ、事務服姿の義母の周りを学生が歩いていて、後ろから見る限り体型もほとんど同じくらいでした。
AVを見ながら頭の中で義母の顔を重ねて、いきり立ったペニスを義母のショーツで包んでオナニーしたら、あっけなく射精してしまいました。
ぼーっとしてると急にドアがノックされました。
義母が呼びに来たようです。
そのせいか、晩飯食べる間はずっと義母の体をチラ見してました。
嫁さんのお古らしきミッフィうさぎのトレーナーにジャージ姿。
まだ濡れてる髪の毛が、小顔スッピンの義母によく似合ってました。
スッピンなのに唇もピンクで色白です。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。