【人妻体験談】南国のリゾート地で外国人に奪われた初夜南国のリゾート地で外国人に奪われた初夜は屈辱的だが官能的な体験だった

私は、昨年新婚旅行で、ある南国のリゾートに行きました。
そこで主人には決して言えない、屈辱的ですが官能的な体験をしました。
主人は30歳。
私は22歳で身長は163センチ、ややポッチャリ型です。
二人とも田舎から出たこともなく、今時珍しい両親の勧めによる見合い結婚です。
私はそれまで地元の女子高を出て、団体職員として地味に過ごして来たこともあり、男性経験はなく、文字通り新婚旅行が“初夜”となるはずでした。
初めてのセックスに、とても期待していました。
新婚旅行は、二人とも海外は初めてでしたが、友達の勧めもあり、海のきれいな南国のリゾート地にしました。
現地には昼過ぎに到着したのですが、観光予定も少なく、夜のオプションが現地の添乗員からいくつか紹介されました。
現地添乗員は陽気な男性(30歳位?)だったのですが、彼に強く勧められてリゾートのリラクゼーションマッサージを受けることにしました。
彼の手配したタクシーで10数分の、ホテルから数キロほど離れた場所で、決して綺麗とは言えない古い施設でしたが、
添乗員が勧めてくれたお店でもあり、そのお店に入ることにしました。
お店に入ると、受付には南国を思わせる赤い花をふんだんに使った装飾が目を引きましたが、そこにいたのは50歳くらいの肌の黒い現地の女性でした。
話は聞いていた様子で、「新婚さんね!オメデト、オメデト!」と歓迎され、私と主人の二人は、順番に二階に案内されました。
そこは、大部屋でカーテンだけで仕切られただけのマッサージベッドがいくつか並ぶところで、暗く、決して高級と言えるようなところではありませんでした。
他にもお客さんがいたようですが、男女で分かれているのかもよく分からず、私と主人は、呼べば会話が恐らくできたであろう距離のベッドに案内されたようです。
主人がやり取りしている会話が聞こえてました。
私を担当してくれたのは、40代くらいの色黒の大柄な現地女性でした。
主人の方も同様だったようです。
私は彼女の指示に従い全裸になり、うつ伏せの状態でアロママッサージを受けました。
南国での新婚旅行ということもあり、普段は着ないような大胆な真っ赤な透け透けの、
縁に大きなヒラヒラの付いたブラとパンティをしていたので(勝負服のようで)恥ずかしかったのですが、彼女は「ステキね」と褒めてくれました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。