【人妻体験談】妻の派手な下着に感化された義母にお酒の力を借りて思い切って聞いた結果

義母58才、私と妻38才(共働き)、子供なしの3人暮らしです。
妻とは週2~3回の営みがあります。
義母はもう16年前に義父を亡くしています。
その間の男性経験は、私には分かりません。
結婚して8年になり、未だ子供に恵まれていませんが、性生活は充実していると思っています。
それでも8年もいるとマンネリ化するのも当然ですよね。
3ヶ月程前に、妻と秋葉原でバイブレーターを買い求め、早々その夜から楽しんでSEXに励んでいます。
これまで普段穿いていたパンティにパジャマ姿くらいでしたが、これを境にTバックや紐パンティを妻は好んで穿くようになりました。
言うまでもなく、その夜は申し分なく盛り上がっています。
・・・が、それからと言うもの、特に朝の朝食時の義母の目線がどうも気になり、時たま目が会ってしまうのです。
何となく嫉妬的な眼差しと言うか、なんと言うか絡まれるような眼差しと言うか・・・。
先月、風呂に入っている間に義母が妻に、「瑞穂、このごろ下着が派手になったんじゃない!?
仲が良いのは良いことだけど、洗濯する者の事も考えなさいよ!」と言っているのが聞こえました。
(瑞穂は妻の名前です。
妻と私は共働きで、義母に家事の一切をお願いしています。)
妻曰く、義母は私の下着を干すときに落ち着かないような意味の事を言ったようです。
きっと、私たちのSEXが凄く気になっていると思います。
未だ50台後半と言えども、まだまだ女としては充実した歳だと思います。
事実、私自身、義母のブラウスから透けるブラジャーのバックホックや、
畳に座った格好で傍らに立つ義母の斜下45度からの見上げた時の盛り上がった胸を見ると、
朝であろうが昼であろうが私の一物はギンギンに立ってしまいます。
妻が近くに居ると気をつけると言うより、何故か義母を、より一層に身体を意識して見てしまうのです。
まさに妻の目を盗んで、『盗み見る』って感じです。
夜の妻とのSEXは満足ですが(妻本人はどうなんでしょうかね・・・)、
この頃はSEXの最中の頭の中は、義母とのSEXを描きながら正直励んでいます。
その時は、私は3日間の休暇、妻は10日間の海外出張でした。
(半分は遊んでるんだろナ~・・・。)
休みの私は、縁側で朝のコーヒーを飲んでいると、庭先で義母の洗濯干しが始まりました。
何気なく後ろ姿を眺めていましたが、それも一時だけです。
洋服干しが終わり、いよいよ女性陣の下着の番です。
段々とドキドキ感が襲ってくるのがわかりました。
妻の下着は当然、普段見慣れていることもあり、手に取るように判ります。
妻の出発前の2日分です。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。