【人妻体験談】ある知人のご主人と車の中で正常位でSEXしてしまった

こんにちは。
48歳の主婦です。
主人、息子2人の4人家族です。
主人とは学生時代にアルバイトしていたファミリーレストランで知合い、出来ちゃった婚でした。
そのため、男性経験は主人だけでした。
次男が誕生して、近所の育児サークルに入り、その中で何人かと知合いになり、家族ぐるみのお付き合いをしてきました。
かれこれ、10年以上になります。
その中で、ある知人のご主人(2歳下)と関係を持ってしまったのです。
そのご主人とは、育児サークルからのときから、顔見知りであり、よく子供も遊ばせてくれていました。
その時は、そのご主人とそんな関係になるなって、お互いに思ってもいませんでした。
次男が2歳になるかならないときに、お互いに引っ越したので、近所ではなくなりましたが、
月2-3回のペースでお互いの家へ遊びに行ったり、バーベーキューをなどをして、お付き合いがつづいていました。
子供が大きくなるにつれ、その回数も減りましたが、家族ぐるみのお付き合いはつづいていました。
そんなある日、去年の夏です。
私が次男を連れて、その知人宅まで遊びに行きました。
いつもは車でいくのですが、故障修理中のため、電車で知人宅の最寄り駅までいき、ご主人に車で迎えに来てもらいました。
その後主人とも顔を合わすのは、半年ぶりでしたが、違和感なく、いつものように会話をしました。
知人宅で過ごしたあと、帰る時間になった時、次男が泊まっていくって言ったのです。
息子と押し問答をした結果、泊まっていくことになり、私は、ご主人に送って貰う事になったのです。
ご主人は、私の自宅近くに行く用事があるので、家まで送ってくれることになったのです。
ご主人の運転する車の助手席に乗り、ニコニコしながら手を振る息子を見送られながら、出発しました。
ご主人とはごく普通の会話をしていました。
私は車のシートの位置を直そうとしていましたが、上手くいかず、四苦八苦している姿に気付いたご主人が、運転しながら、
「あ、それ、かたくなって、うまくいかないんだ」と言い、車を路地に入れて、停めました。
「じゃあ、レバー引いといてくれるかな」
といい、ご主人がシートの背を倒そうとしました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。