【体験談】フェラが上手なデリヘル嬢の義母と・・・

274e86cc-s
フェラが上手なデリヘル嬢の義母に中出ししたエロ体験談

義母がデリヘル嬢をしている事に気付いたのは偶然の事だった。


いわゆる人妻デリヘルというやつで、その中でも50歳になる義母は、最高年齢に近い人妻デリヘル嬢だと思う。


50歳という年齢でお客が付くのかと思うが、見た目が若いし色気のある身体をしているのでやっていけるのだろう。


それほど美人と言う訳では無いが、男好きのする顔をしていたし、肉付きが良くて胸も大きかったので、30代の俺でもムラムラする時があった。


気付いたのは、平日の仕事休みの時に、デリヘルを利用しようとホテルに行った時だ。


車をホテルの駐車場に停めると、一台の軽自動車がやって来て入り口近くに止まり、中から一人の女性が降りてきた。


その女性が義母だったのである。


いつもはGパンなどを履いているのに、スカートを履いて綺麗な格好をしている。


中に入って行ったので、「もしや」と思い車の中で待つ事にした。


待つこと一時間余り、さっきの軽自動車がまた入って来たので運転手に確認すると、やはり人妻デリヘル店の送迎車だった。


店の名前を教えて貰い車に戻ると、しばらくしてから義母が若い男と一緒にホテルから出て来て、義母だけ軽自動車に乗り込んで帰って行った。


その日以来、「いつかは義母を指名して楽しもう」と考えていた俺。


教えて貰った店の出勤情報を調べると、義母と思われる女性は平日の昼間に出勤していた。


俺の仕事は、水曜日の昼からと日曜日が休みだったので、水曜日に利用すれば大丈夫だと思い、後はいつ実行するかだけ。


そんな時に、義父母から「たまには顔を見せる様に」と連絡が有り、「孫の顔が見たいのだろう」と思って、妻の久美と娘の三人で日曜日に会いに行くことにした。


義母を見たのはあの日以来だったが、着ていたシャツから背中の肉に食い込んだブラが透けて見えていたし、マンコの形が分る様なピシっとしたGパン姿にムラムラしてしまい、今度の水曜日に実行しようと決めた俺。


続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。