【人妻体験談】妻と一緒に工場の若い奴の部屋の掃除に行ったら、まさかの3P初体験になり大興奮

工場の若い奴が風邪で休んだので見舞いも兼ね寮へ訪ねて見ました。
彼、染島圭君19歳、去年入社の寮住まいです。
以前なら空部屋も無いくらいいっぱいだった寮も、
今は数人だけで管理人も居ない状態なんです。
ドアをノックすると元気の無い声がしました。
どうだ具合は?と聞くと、まあ少しは良くなりましたと言うので、
持参したホカ弁を渡すと「あ~よかった今日は何も食って無かった」
と言って食べたんです。
それにしても汚い部屋なんです。
オイこれじゃ病気になる訳だよ掃除してないだろと聞くと、
エッヘッヘと笑っています。
彼は、明日が土曜なので月曜日から出勤出来ますと言うのです。
私が「よし日曜日 家内連れて来て掃除してやるよ。これじゃまた病気になるぞ」
と言うと、え~良いんですか?と恐縮していました。
妻に、オイ日曜、若い奴の部屋掃除頼むぞと言うと、
「まあ~いいけど私だけ?」と聞くので、
「馬鹿、俺も一緒だよ。お前だけならヤラれるぞ」と言うと、
「いいじゃない。あなた、いつも言ってるじゃん3Pしたいって」と言うのです。
私達は三十代後半でマンネリな夫婦生活に刺激を求めており。
妻には時々3Pでもしてみないかと誘いを掛けていました。
最初は嫌悪感を示してた妻も、段々と私の言葉に感化されたのか
OKはしないものの「まあ考えとくよ」に変わっていました。
そこで、掃除をさせる妻に少し短いスカートを穿かせる事にしました。
彼が妻を見てどんな反応を示すか興味があったのです。
「もう~変な事させないでよ」と言う妻を乗せ寮に出発。
一応、雑巾とバケツ持参です。
行くと彼は「すみません、お世話になります」と言って、
妻にペコリと頭を下げました。
妻も目の前の若い子に少し興奮気味のようでした。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。