【人妻体験談】取引先から貰ったラム肉をきっかけに母と近親相姦SEXするようになった

私は27歳の会社員です。先週、52歳の母親と初めて体験しました。
それ以来ずっと毎晩のことになっています。
きっかけを作ったのは、変な話し、取引先から貰ったラム肉って事になるのかも知れません。
実は、親父が3年前に亡くなって、母は一人暮らしの寂しさを紛らわせるために、
よくお酒を飲むようになったと聞いていたので、食べきれないほどのラム肉を貰ったので、
ジンギスカンを食べに出てこないかって母に電話を入れたのです。
「ほんとに?じゃすぐいくわ!」
と母は喜んで返事をしました。
実家から私のマンションまでは、車で50分程の距離なので、私は電話を切ると、
急いで肉をタレに漬け込んだり、ビールサーバーをセットしたり、生ビールやジョッキを冷やしたりとあれこれ準備をしながら母の到着を待ちました。
やがて、チャイムが鳴り、母が野菜やワインを抱えてやってきました。
母が、もやし、たまねぎ、にら、なすび、えのき、ピーマン、にんにくをお皿に盛り付けている間に、
私はジンギスカン鍋に火を入れ、ラードをタップリ塗って、漬け込んでいたラム肉を乗せました。
母が席に着き、野菜を乗せたら、ある程度火が通るまで自然にまかせることにして、私は冷やしておいた生ビールを出してきて母と乾杯しました。
ゴク、ゴク、ゴク、とジョッキの半分くらい一気に飲んで、プハーっと言った母の顔を見て、本当に母は酒飲みになったなーと感心しました。
すこし焦げた臭いがしてきたので、おっ!出来たかな?と見ると、火通りオーケー(^^)V
喰うぞ~っと気合を入れて一気に食べ始めました。
食べながら、母とビールやワインを飲み、いろんな話しをしていたのですが、
酔ってくると意外とうちの母が下ネタ好きで、母はこんな性格だったのかと思うくらい開けっぴろげに自分のエッチ経験を喋り始めました。
親父と母が結婚したばかりのころ、親父が昼間でもやらせろやらせろと言い寄って来るので、
祖母に見つからないように、畑や納屋で隠れてチョコチョコっとやってたから、
落ち着きが無い子が生まれるのじゃないかと心配してた、とか、
雄治(私のこと)も父さんの子だから相当エッチだろうねーっと私の顔を覗き込むようにしてからかったりしました。
私も酔っていて、つい調子に乗って普段は言ったことがないエッチ話をしました。
昔、夜中に親父と母がエッチしている時の声を聞いたことがある事や、
風場に脱いであった母の下着でオナニーをした経験がある事や、友達のお母さんとエッチした事がある事などを喋りました。
いろんなエッチな話をしているうちに、話題が近親相姦の話になり、
私がネットで近親相姦のページを見たことがあると言うと、母が「見せて、見せて」と言うので、
部屋からパソコンを持ってきてこちらのホームページのサイトを母に見せてみました。
母は「スゴイ、スゴイ」と言いながら近親相姦の体験談を読んだり、近親相姦の動画サンプルを何本も立て続けに見ていました。
20分くらいすると母は妙に静かになってしまいました。
そして、「雄治もこんなことに興味があるの」と言うのです。
「興味なけりゃここを知ってるはずないじゃないか」と言うと、母が「今はしたくない?」と真面目な顔で私を見て言うのです。
私は「いいの?」と言って、おそるおそる母の肩を引き寄せるとそっとその場に横たえて、母の服を脱がせ始めました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。