【人妻体験談】長年我慢していた義母の性欲が一気に吹き出し、女性の本能にブレーキがかからなくなった

俺が24歳、妻が23歳の時、結婚。
義母は妻が中3の時離婚している。
結婚して初めてのお盆に用事で遅れてくる妻より早く妻の実家に行った。
当然前もって言ってあるので、やさしき迎えてくれた。
当時義母は47歳だった。
妻同様身長も160cm少しあり、胸もお尻も丸く柔らかそうだった。
向こうに着いたらもう汗だくだくで、Tシャツが黒くなるほどだった。
義母は「暑かったでしょう?シャワー浴びて来たら・・」
と言ってくれたので俺はシャワーを浴びに風呂場に行った。
俺がシャワーを浴びてドアを開けるのと同時に義母が俺が使うバスタオルを持って脱衣所に入って来た。
真正面に見られてしまった。
俺はそのチャンスを逃すまいと
「お母さん、妻が着替えを持って来るので着替えがないんです。」
とその間義母は時々俺の顔と下半身を見ていた。
「そうだったわねえ。どうしよう。こんなに暑い日だから、これから洗濯するから乾くまで、バスタオルを巻いててよ。」と。
その間それほどの時間ではなかったと思うけど義母はすっかり俺の股間は見ていたと思う。
居間にバスタオルを巻いたまま行くとテーブルに冷えたビールが置いてあった。
それを義母は注いでくれた。
俺はもう一度義母に俺のあそこを見えよう。
それもなにげなくと思いをめぐらせていた。
義母は俺の座っているソファーの真向かいに座っている。
俺は思いついた。
なにかの用事を作って立ちあがろう。
其の時に。
不意にバスタオルで下に落ちるよう。
それに其の時にはペニスが勃起した状態が最高だと。
義母と話をしながらエッチなことを思いながら勃起するのを待った。
バスタオルの下で勃起したペニスはピクピク動きはじめた。
この時と思い、片手で義母に判らないように手でバスタオルを下にひっぱりながら立ちあがった。
思いどおりバスタオるは床に落ち、完全に勃起したペニスは義母の目に入った。
「あっ・・・」と演技しながらもそのまま立ちっぱなしでした。
義母はまじまじとその勃起ペニスを見た。
俺は言った。
「すみません。おかあさんの豊満な胸をみていたら、こんなにチンポがおおきくなってしまって。
セックスする時と一緒の状態になってしまって。どうしよう?」と演技した。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。