【人妻体験談】支店長である保険外交員を口説いてラブホに連れ込みエッチした

保険のプランを見直した時の話。
担当の外交員が説明がイマイチで、ある時に支店長だと話す女性がついてきた。
40代後半くらいの女性でしたが、ブラウスから豊満なバストが突き出ていてたまらなかった。
説明も上手でわかりやすかったんですが、どうしても巨乳の身体を見てしまいました。
「また来ます」
と後日改めて会うことにしましたが、20代の担当の娘よりも40代の支店長の方がたまらなかった。
後日都合がなかなかつかなくて、支店近くまで行く用事があり、支店の部屋で話しました。
担当の娘と支店長と3人。相変わらずの豊満ぶり。
透けて見える黒ブラもまたやらしかった。
そしてプランを説明されて、何度か手直しして更新したんですが、担当の娘が事務所に行き、支店長と2人きり。
「もてますでしょ!」
とか話をされながら、支店長と2人きりで話してた。
俺はここしかないと思って、支店長の彼女に
「よかったら飲みに行きませんか?」
「なに言ってんですか?こんなおばさんに」
「タイプだし、ダメですか?」
「うそ・・・」
と、実際一回り違ってましたが驚いていた。
携帯を出すと彼女も携帯を出してLINE交換すると、尚美と言う名前だった。
LINE交換した直後に担当の娘が書類を持ってきて、内容を確認してサインした。
夜にLINEを送ると
『本当にこんなおばさんに。変わってますね?』
と返信されてやり取りを続けました。
2週間くらいして、尚美に誘いを掛けたら金曜の夜なら時間があるとか。
そして夜に待ち合わせて食事をしましたが、仕事帰りらしくいつものタイトスカートにブラウスでまたたまらなかった。
食事をして店を出て車を走らせて、彼女をラブホへ連れ込みました。
「自信ないよ・・・もう少しで50になっちゃうし」
と彼女は戸惑ってましたが、俺は構わずにベットに押し倒してやりました。
キスしながらブラウスを脱がせたらもう・・・今まで見たことがない豊満なバストで、ブラを外したら下向きにはなったけど絶景。
乳輪も大きいし、乳首もデカイが舐め回して吸い付くと
「あんっ!あんっ!」
と彼女は反応してきて、その圧倒的な柔らかなバストをしつこいくらい舐め回しました。
スカートの中はびっしょり濡れてて、脱がせたら指でなぞりながら濡らしていきました。
ムッチリしたエロい身体を見てたら堪らなくなり、服を脱ぎ捨ててインサート。
「あんっ!すごい硬い!」
と声をあげる尚美。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。