【人妻体験談】車内で昼寝勃ちしたのでオナニーをしていたら人妻に見られ誘われ、部屋で中出しSEX

27才の頃のことでした。
当時は独身でやりたい盛りです。
車での営業だったので昼食後、とあるマンションのテラス側に車を停め昼寝しようとしてました。
少し眠って目が覚めると、やりたい盛りの僕は朝勃ちならぬ昼寝勃ちでした。
何となくズボンに手を入れまさぐっていると何やら視線を感じます。
構わず触り続けたため開放してやらないといけないぐらい硬くなってしまいました。
ファスナーを下げ開放した瞬間ふと上を見ると二階のテラスからじっと見つめる奥さんと目が合いました。
知らん顔して開放したぺニスをさらにしごいてもじっと見つめているのです。
わざと腰を浮かして見やすくすると体を乗り出して見ているのです。
そして、驚いたことにその奥さんがおいでおいでと手を振るのです。
手招きに誘われるようにマンションの二階へ。
二階のフロアに着くとドアが少しだけ開けている部屋がありました。
「あの部屋だ」
と確信しドアの前に立ち止まると中から先ほどの奥さんが上気した表情で僕の手を取り中へ引き入れたのです。
鍵を締めると僕にその肉感的な体を押し付けキスをしてきます。
舌を絡めるような濃厚なキスをしながら僕の勃起した股間をまさぐるのです。
僕は唇をうなじから耳元に。
すると奥さんは体の力が抜け崩れ落ちました。
しかし奥さんはベルトを慣れた手つきで外し一気に下着まで脱がしました。
目の前にある勃起したぺニスを見た奥さんは
「こんなに硬くて熱いの久しぶりっ」
と舌先で裏筋を舐めまわします。
先走りもいやらしい音をさせながら舐めとってくれます。
奥までくわえこみ頭を上下させながら舌は動き続けます。
今までに経験したことのない快感が頭を突き抜けます。
我慢出来なくなった僕は玄関先で奥までを押し倒し豊満な胸を揉みしだきながら下着の上から敏感な部分を撫でました。
奥さんは喘ぎ声を押さえながらしがみついてくるのです。
薄い布は湿り気を帯びていました。
「奥の部屋でもっと感じさせて!」
と言われリビングへ移動し全裸になりました。
全裸になった奥さんは、豊かな乳房、ピンと勃った乳首。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。