【人妻体験談】スナックのママに誘われ、お店でセックス

当時僕は37才でバツイチ、元嫁と中1の娘は近所に住んでいた。
独り身ということで近くの居酒屋に食事をかねて飲みに行った。
しばらく飲むと、居酒屋のにいちゃんが近くのスナックを紹介してくれたのでそちらへ移動。
店に入るとママともう1人ホステスがいるこじんまりしたみせだった
ママは27才でそこそこの美人、胸は自分で小さいと言っていた
その日は普通に楽しく飲んで会計を済ませ店を出ると、ママが見送りに来てくれた
「他ではだめだよ」
と言ったので
「わかった。他の店には行かないでまた来るよ」
と言うと
「違うの。他の人とはだめってこと。私感じたの。あなたとセックスするんだろうなって。あなたも感じたでしょ?」
僕は別に感じなかったが、ママに合わせて頷くと同時に抱きしめた。
するとママは、唇を合わせ、舌を絡めてきた。
ほんのわずかな時間だったと思う。
「じゃ、また来るから」
とその日は帰宅した
数日後、また店に顔を出した。
最初は、他のホステスとカウンターで向かい合いながら普通に飲んだ。途中、ママが耳元で
「今日は最後までいてね」
とそっとささやいた
他の客も帰り始め、僕とあと1人になった時、もう1人の客にホステスがつき、ママはカウンター席の僕の隣に座った
とりあえず2人で飲み始めた
もう1人の客とは少し離れているので、それぞれの世界って感じになってる
ママの目はすでに酔っているのかウットリしている
僕を少し見上げる感じがかわいくて、顔を近づけると、ママも唇を寄せてきた
お互いにねったりと舌をからめたので、音が隣に聞こえたかもしれないが、すでに2人の世界だったので気にはならなかった
ママはほとんど着物を着ている
僕は、キスをしながらママの着物の袖から手を滑り込ませた
何の障害もなくママの胸に掌が触れた。ブラジャーはしていなかった
ママが言ってた通り大きくはなかった。Bカップくらいだがさわり心地は良かった
指先で乳首を摘むとキスをしているママの舌が一瞬とまる
唇を離し、ママの目を見つめながら、手を太ももひ這わせる。ママの目はそれ以上を求めているように見える

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。