【人妻体験談】美人で妙に色気があるマッサージ師と中出しセックス

先日、出張先での出来事です。毎晩夜遅くまで仕事が続き、体はボロボロ、
その日ホテルに帰ってきたのは午前1時過ぎ。
シャワーを浴び、寝ようと思っていた。シャワーを出るとパンパンに浮腫んだ脚を揉みながら
何気なくマッサージの宣伝板を見た。受付は2:30までで「普通より遅いな」と思いながらフロントへ電話した。
約10分後部屋をノックされた。やって来たのは30代の女性だったが、美人で妙に色気があった。普段ならムラムラする所だが、
連日のハードワークで疲れきっていたため、普通にマッサージをしてもらいながらウトウトした。「脚、すごい浮腫んでますよ」と言われ、
寝ぼけたまま「脚が一番疲れています。」と返した。そこから集中的に脚のマッサージが始まり、またウトウトしながら受けていた。
脚の付け根を丹念にマッサージされると、その気が無くとも下半身が隆起した。もちろん、ウトウトしておりその気はなかったが、
そのマッサージ師は耳元で
「すっごい大っきくなってますよ・・・」と囁いた。もの凄い眠かったが、一人興奮したマッサージ師は
隆起した下半身をジャージの上から優しく撫でた。無反応でいると、その細い指先はジャージの中に入ってきて
直接触り始めた。「すっごい凝ってる・・ほぐさないと・・・」
そう言うと優しく手コキを始めた。さすがに感じてきて時折「アッ、アッ」と声を漏らした。
履いているものを膝まで降ろされると僕に寄り添い
吐息を吹きかけながら上下に手を動かした。ガマン汁で濡れたペニスがネチャネチャと音を立てていた。10センチ位の所に顔を近づけ
「ぁあん、すごぉい・・・」と興奮する嬢の声を聞き、
僕はそっと抱き寄せてキスをした。「触りたくなっちゃったよ」と言い、
彼女のズボンのボタンを外し、中に手を入れた。オシッコでもしたのかと思うくらいぐっしょり濡れており、
指先でクリトリスを転がすと「ダメェ・・そんな事しないでぇ・・」
と言いながら腰をグリグリ動かす。「このままSEXしようか?」と言うと
「そんなのダメに決まってますよ。」と嬢。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。