【人妻体験談】親父がいつものように仕事に行った後、寝ている母に中出し

俺19歳一人っ子、運送屋で働いてます。
親父もトラックドライバーで42歳、母親は48歳の専業主婦で昼間はほとんどパチンコ屋です。
俺がセックスという言葉の意味を知ったのが小学4年の時でした。
親父は朝の5時に仕事に出掛けます。
金曜日の朝4時からが両親のセックスタイムのようで、中学1年生の時、
朝トイレに行こうしたら両親の部屋から母親の変な声が聞こえて来てセックスしているのを初めて発見してしまいました。
しかし、やってるよ、とその時は思っただけで特に関心もありませんでした。
その日は後で部屋に様子を見に行くと母親は寝ていて、
「ごめんね、お母さん疲れてるからもう少し寝てる、自分で勝手に食べて学校行ってね」
母親が金曜日だけ起きて来ない理由がそのときやっと分かりました。なもので、金曜日の朝だけは母親が起きて来ません。
俺の童貞喪失は遅くて、高校3年の時。それも友達が連れて来たヤリマン女でした。
ヤリマンでもやっぱり気持ちいいので、1週間後に彼女を作ってやりまくっていました。
ところが去年のクリスマス前に好きな人出来たから、別れてとアッサリと捨てられてしまいました。
センズリ生活が1ヶ月も続くとさすがに女とやりたくて仕方がありません。
そんな中、2月の第1金曜日の朝、親父がいつものように仕事に行きました。今でも両親のセックスが続いているのは知っていました。
寝室に行くと母親は気持ち良さそうに寝ていました。
暖房も効いていて、部屋は暖かく、暑いと母親が上掛け布団をめくりました。
全裸でした。この歳なら良い身体だと思いました。
オマンコが見たくなって、両膝を持ち上げてみました、全然起きる気配はありません。
そのまま足を拡げると、まだ濡れてるオマンコのビラビラは開いていて、かなり黒ずんでいるけど中はピンク色、クリトリスは赤くて大きくてピンとしてました。
我慢できずにパンツを脱いでチンチン握ってオマンコに当てると、母親の声が、
「あんた、二回戦出来るの珍しいわね」
といいながらチンチンを握って来ました。
顔はまだ上げてませんでした。どうやら親父だと思ってるみたいで、母親をそのままうつ伏せにして、お尻を持ち上げて、バックから入れてしまいました。
元彼女と比べると母親のオマンコの方が絞まります。
背中に顔を着けて右手で胸を揉みました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。