【人妻体験談】巨根男と中出しSEXしている妻の姿が最高のオカズである

俺がたまたま平日休みになった日のことだった。
妻は俺が出社したと思い込んだところから事件が勃発した。
その前日、俺は駐車場玄関から家に帰った(車あっても電車出勤だが)ので正面玄関には俺の靴が無かっためいないと思い込んだらしい。
さて少しスペック紹介させてもらおう。
俺31歳。
俺の妻は自分で言うのもなんだが29歳の派手な感じの美人で170cmを少し超える長身でHカップ(もう少しで1m)の超乳だ。
街に出れば男は誰もが振り返る。
大学生の頃俺が勝手にHカップボディに横恋慕して付き合って、一度彼女の手酷い裏切りで別れたが、一向に忘れられないためまた付き合いだした。
そして彼女のたまの浮気に悩みながらも彼女が大学院修士を終えてから結婚した。
まぁそれでもこのモデルも及ばないスタイルの妻を愛している。
さて俺は自分の部屋で寝ていたが彼女は午前中に誰かと携帯で話し始めた。
俺は少しドアを開けて聞いてみたが話の内容までは聞き取れなかった。
そしてうたた寝したがピンポンが鳴って目が覚めた。
すると若くいかつい一人の大きな男が何と家に上がりこんでいる。
ちょうど俺の部屋からはドアガラスの反射で居間がある程度見えるのだ。
そこで衝撃を受けたのが妻のふしだらな格好だ。
胸を半分丸出しにして。
短パンで太もも丸出しだ。
我妻ながら勃起してしまう。
そして妻とそいつはすくに始めたのだった。
俺は一瞬電気に撃たれたようになったが、とりあえず取った行動は携帯を消音にしたことだった。
そしてスマホの消音録画アプリを起動して録画を開始した。
直接の行為は撮れないしガラス反射で一部見えるだけだが、妻の絶叫する声に信じられないくらい興奮し一物がはちきれそうだった。
男の一物の凄さにも絶句した。
500mlのぺットボトルよりも少し小さめ位のでかさだ。
一瞬呆然とした。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。