【人妻体験談】寝取られ願望のある夫にお願いされ男を紹介されたものの、その男にハマってしまい夫に内緒で生挿入SEX

私は現在四十路で、看護師をしています。
3つ年上の主人と結婚して13年になります。
子供がいないので私は病院勤務で忙しく働き、昨年からは主任をして、
なお一層忙しい毎日を送っています。
主人も小さな会社を経営していて、
ここ3年ほどはすれ違いの日々が続き、
夜の生活もほとんどありません。
時々欲しくなるときはありますが、
自分で慰めることで乗り越えてきていました。
そんな私に昨年11月主人が突然「他の男性に抱かれてみないか」と言いだしたのです。
最初は冗談だと相手にしてませんでしたが、何度も言うのです。
結婚前は数人の男性との経験はあったものの、結婚後は浮気はありません。
「私が他の男性に抱かれても良いの?」と聞き返すと
「俺には寝取られ願望があるみたい。私が探してくる男性と一度だけ抱かれて欲しい。
嫉妬すると思うが、凄く興奮する自分がいると思う」
というのです。
「いい人がいれば考えるわ」
と答えてしまいました。
その時の思いは、
そんな男性見つかるわけがないと思っていたし、
具体的になれば勇気が出ないと思っていました。
年が明け、主人からはそれ以来話がなかったので、
仕事の忙しさもあり忘れていました。
3月になって主人が
「良い男性が見つかったよ。
随分年上だけど、身元もはっきりしているし、
経験もそれなりにあって、何より信頼できる紳士だよ。
それに・・」
と言葉がちょっと途切れて
「アレが凄いらしいから、きっと楽しませてくれると思う」
と続けたのです。
お相手の男性は大阪在住で会社役員をしていて、
送られてきた写メを見ると優しそうな50代後半の方でした。
「本当にこの方とそういうことをするの?
貴方はそれで良いの?」
と主人の意思を確認しました。
「あやこに是非この男性に抱かれて欲しい」
というのです。
私は、この男性なら一度限りで後々心を引きずることはないだろう。
主人以外の男性とのエッチを楽しんでも良いかもという気持ちがわいてきたのです。
どうしてそう思えたのかはよく分かりませんが・・。
「良いわ」と返事をしてしまいました。
それから、お相手の都合との調整をすることとなりましたが、
なかなか日が定まらず、ようやく5月2日にお会いしました。
仕事帰りにお相手のKさんが待つ大阪梅田のシティーホテルの部屋に出向きました。
どうせそうなるなら誰にも会わずに出入りしたいと思ったのですが、
大胆な自分の行動、見も知らずのお相手Kさんのこと、
これから味わうエッチのことなどが頭を駆け巡って、
心臓が飛び出るのではと思うほどドキドキでした。
部屋のドアをノックすると、
スーッとドアが開き「お待ちしていました」と優しい声。
小柄で本当に生真面目そうなおじさんがほほえんで迎えてくれました。
ホッとしたというのが正直な気持ちでした。
それと同時に本当にエッチできるの?って思うほど淡白そうに見える男性でした。
私がいすに座り、
Kさんはベッドに腰を掛けてしばらく雑談をした後
「こっちへおいで」と手が伸びてきて、
私も素直に手を出し彼の横に座らされ、
直ぐに唇が重なりました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。