【人妻体験談】オカンと近親相姦SEXしたくて計画していたことを実行し、ついに夢を叶えた

19才で予備校生やってます。
かねてから計画していたオカンと初セックスという夢をついにかなえました。
僕は元々年増趣味なんですよ。
中学生の頃に初めてビデオ屋でAVを買ったんだけど(本当はダメなんだけど・・・)、
980円均一の安売りコーナーだったからおばさんものばっかりだったんです。
でも中学生くらいだと女性の年齢なんてそう関係ないですね。年寄りじゃなきゃ。
それらのビデオは大抵普通におばさんが出てきて
年増らしい激しいセックスをするっていう内容だったんだけど、
そういうのにけっこう影響を受けてたんですよ。
童貞指南みたいなのでおばさんが優しくリードしてくれるのもあこがれました。
おばさんって優しくていいなぁって。
それから高校生になってバイトを始めたんですけれど、男子校だったんですね。
だから女の子と知り合うきっかけもなくて彼女もなかなか出来へん、
余裕が出てきたお金では相変わらずビデオ三昧。
でも安売りコーナーのビデオだけじゃなく、
いろんなとこから選べるようになってもずっと熟女コーナーとかばっかり。
若い子じゃ満足できなかったんですね。
ちなみに中学生の時から行ってたそのビデオ屋は
地元の田舎にある普通のビデオ屋だったんだけど、
ある日予備校のある繁華街のビデオ屋に行ったんです。
試写とかも出来るマニアックな雑居ビルのビデオ店。
そこ行った時の驚き!熟女でも妊婦とかレズものとかいろいろあるし。
その中に近親相姦ものがあったんですよ。
近親相姦っていっても本当の親子なわけがないじゃんって思ったし、
それにストーリーのあるAVってあんまりその前までは興味なかったんですよ。
でも買っちゃったんです。近親相姦と熟女レズものを3本くらい。
レズはレズで楽しめたんだけど、近親相姦はすごく衝撃を受けました。
けっこうそれっぽいんですね。
母親がオナニーをしてるところを見てしまった息子が迫ったり。
またはその逆だったり。ありがちなんだけど。
でも一番印象に残ってるのは初めて関係を持ってからの日々を描いてるとこ。
親子三人で食事をとりながら息子がテーブルの下で足の指で母親のオメコを弄ったりする。
そして父が少し席を外したとたん、
母親がテーブルの下にもぐりこんでフェラチオを始めるところ。
これはまさに隠された密室の家族相姦だなって思ったんです。
それ以来ですね。
実の母親であるオカンとセックスしたくなったのは。
そうなったらビデオも全部母子相姦ものばっか。
小説なんかも買うようになったり。
高校の終わり際になるともう本気でオカンとセックスしたくてたまらなくて。
真剣にどうしたら出来るかを考え始めたんですね。
最初は脱童貞をストレートに頼むとか考えたんだけど、無理だろうなぁと。
レイプは絶対ダメだと考えてませんでした。そんなんしたら家庭崩壊もあるし。
ちなみにオカンは普通のぽっちゃりしたおばはんで、明るい感じです。
性に関してはほとんど話さないけど(当たり前か)、
父とはおそらくもうずっとセックスしてないと思います。
最終的に頼むとしてもやっぱり迫るんならひねらないとな・・と思いました。
最初に考えたのはオカンが読む本になにげに母子相姦の小説をまぜることでした。
オカンは5冊100円とかの文庫本を中古本屋で大量に買ってきてよく読んでるので、
その中にまぜておけば間違って買ってきたのだと思って読むだろうと。
適当に選んだ良さそうなのを入れておいて数日様子をみることにしました。
でも何日待っても読んだのかどうかわかんないんですね。ぶっちゃけていうと。
だって表に出ないんだもん。僕を見る目も変わらないように思うし。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。