【人妻体験談】混んでいる電車で夫の前にもかかわらず、甥に痴漢された人妻

私は可愛い系の下着を穿く
五十路熟女な主婦です
おばさんの私が可愛い系のパンツやブラを
愛用するようになったのは理由があり
それを今日は投稿したいと思います
私達夫婦には子供が出来きず
でも私には姉がいて
甥っ子を自分の子のように可愛がっていました
あれは私がまだ四十路前の時です
甥っ子が高校進学してから
叔母である私の家から
通うことになりました
うちの主人とも昔から甥は仲良してで
実の子のように甥を可愛がっていたので
私たち夫婦は甥が住むのに大賛成でした
普段は部活で忙しくしていた甥っ子と
共通の趣味があり、たまに出掛けたり、
買い物にも付き合ってもらったりしていました
ある日の事でした。
私たち夫婦は甥っ子を連れて、
夕飯を食べに行った時の事です
主人はお酒に酔ってしまい、甥っ子に絡んでいました。
私もほろ酔いで、甥っ子に謝りながらも
一緒に飲んでしまっていました。
帰りの電車の中でのこと、
終電近くだったからか、
電車がすごく混んでいました
甥っ子は主人を支えながら、色々と態勢を整えて、
なんとか踏ん張りながら乗っていました
私はそんな彼を支えようと
甥を抑えるように乗っていました。
電車がさらに混みだして、
私と彼の体が密着してしまった時でした
彼の手が私の股間付近にあったのは分かりましたが、
まさか彼が手の平を
私の方に向けているとは思っていませんでした
始めは単純に偶然だと思っていましたが、
徐々に甥の指が動いていたのが
私にも感じられるようになりました
主人は相変わらず甥にもたれ掛っているだけで、
主人が動くので彼のかぎ状になった指が
私の股間で引っかかり痴漢されている感じ・・・
しかし、甥の顔は主人を抑えるのに
懸命な表情をしていて、
とても下で痴漢していると思えませんでした。
私は身動きが取れずに、
結局最寄駅まで彼の指が服越しに触ったままでした
おかげで、私も少し興奮していました。
家に帰ると、主人を寝かして、
私が先にお風呂に入って、彼が後から入りました。
様子が気になり見に行くと、
甥はなんと私が先ほどまで履いていた下着を
お風呂に持ち込んで、
自分の股間に擦り付けてオナニーをしていたのです
叔母の私は女として
見られていると実感したのも久しぶりだったし、
甥っ子でもあるので複雑な気持ちになりました

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。