【人妻体験談】未亡人になった友人の妻の借金を返済し、騎乗位を受け入れて快感に酔いしれる

私は会社を経営していまして
名前は喜多村といいます
年齢は45歳になりました
元々父が作った会社なんですが
その後を継いで社長になりました
そして、5階建てのマンションの家賃収入もあり
経済的にはかなり余裕があり
リッチな生活をしまいます
そのマンションの5階のワンフロアは
両親の家と私の自宅だけで使っていました
その両親も亡くなり
天涯孤独になった私が
一人で暮らしています
私は独身ですので独身女性から
人妻まで多くの女性と付き合ってきました
男の友達は少ないんですが
その一人に滝本という友人がいました
滝本は結婚していて由佳さん(36歳)と
子供(1歳)の家族構成でした
滝本も家業を継いで工場を経営していてますが、
滝本も由佳さんも頼れる親戚もなく
私とよく似た境遇なので気が合い
ゴルフに行ったり飲みに出かけて
良い友人関係を築いていました
飲みに行けば女性の話になり
私が付き合っている女性の
ハメ撮り写真を見せたりする間柄でした
滝本も妻である由佳さんの
裸の写真を見せてくれて
お互い自慢しあったりしていました
そんな友人の滝本が
交通事故で突然、亡くなったのです
私も友を失って落ち込みましたが
友人の奥さんである由佳さんは
突然未亡人になってしまったにもかかわらず
気丈にもお葬式に列席された方々に挨拶されていました
1ヵ月後、
未亡人になった由佳さんから相
談の電話があったのです
私は滝本の工場の事務所に行きました
由佳さんの話によると、
滝本の工場は銀行から融資を受けていたそうです。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。