【人妻体験談】お隣の家でお風呂を借りたら中学生の坊やに覗かれ、大切なところを見せつけた変態露出狂妻

九州の田舎に住んでいる
50代の主婦です
家族は私、夫、長男、次男
そして義父母の6人家族で
農家をしています
それで去年、自宅のお風呂が
かなり年季が入っていまして
改装する事になりました
工事に一週間ぐらいかかるので
どうしようか?と話をしていると
お隣がお風呂を
貸してくれるという事になったんです
最初の日、7時頃に
家族でお隣の家にお邪魔して
順番にお風呂を頂きに行きました
脱衣場で服を脱ごうとすると
窓が10センチほど開いていますので
カギは掛けずに閉めるだけ閉めました
お風呂に入ると
お風呂の窓も少し開いています
湯気が逃げそうなので
ここも手を少し延ばして閉めました
湯舟にしばらくつかったあと
体や頭を洗って、ふと見ると
また窓が少し開いています。
私は
「えっ?誰か覗いているの?」
と思いました。
でも私みたいな五十路のおばさんの
裸なんて見たい人がいるのかしら?
私の勘違いかしら?
と思って
気にしないでいました
そして翌日も
同じようにお風呂を頂きにいきました
やはり脱衣場の窓もお風呂の窓も
すこし開いていましたが
そのままにしておきました
お風呂から出て、脱衣場で
体をタオルで拭いていました
肘や膝を拭いていると
ドアの模様入りガラスに、窓から覗いている顔が
写っていったんです

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。