【人妻体験談】美魔女マダムなママは最強のオナペット、使用済みパンティでオナニー

ママーママー
あーママのオシッコ飲みたいよー
ママのオシッコを体にかけて
あっだめいっイク
ママいっちゃうよーーー
僕は何度、ママと母子相姦しているのを
想像しながらオナニーしたのだろうか
僕のママ涼子は44歳の美魔女マダム
ママは僕の最強のオナペットなんだ
ママは専業主婦だったが
最近はパートに出るようになった
小・中学の父兄参観日に
ママが来ると
自慢したくなるほど、僕にとって
自慢のママだった
実際、中学の時にはクラスメイトから
「お前の母さんでオナれるよ!」
と言われてから
特にママを「女」と意識するようになった
今ではママと行くこともなくなったが
市営プールなどでママの水着姿を見ては
目に焼き付けオナニーしたりもした
また、ママの水着姿を下品でエロい目で
視姦しているオヤジ達に興奮もしていたものだ
ママが身につけたその水着を
オナニーの道具にし
精液で汚したことも何度かある
とにかく、ママとセックスがしたくてたまらなかったし
それは今でも変わりない
唯一、ママにされた性的な行為は
小学6年生の頃のママショタ体験のみだ
包茎のペニスの不衛生さを
指摘されたときに皮を剥かれながら
「痛かったら言ってね」
と言われながら、細い指先で
ママにペニスを弄ばれたことだ
皮を剥かれたことによる痛みで
勃起はしなかったが、今でもそのことを思い出しては
オナニーすることがある
もしあのまま
ママがフェラチオしてくれたら
とか
手でシコシコとオナニーの
手伝いをしてくれたら
そして
ママがオシッコをした後に
僕を呼んで
ママのオシッコ綺麗にしてくれる?
ってお願いされたら
と変態的な妄想にばかりふけってしまう
そしてまた、我慢できずに
ママの写真とオシッコの匂いがついた
下着を持ち出しては
溜まった性欲を吐き出す日々だ
まれにだが、深夜に父と
セックスしている気配を感じる

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。