【人妻体験談】夫婦でSEX教団に入り、SEX教団の男たちに蹂躙レイプされた

夫婦で入ったのはSEX教団でした
私が32歳で主婦をしていた時の事なんです
もちろん最初は
SEX教団なんて思っていませんでした
ただ私は胡散臭いと感じて
その宗教団体から一定の距離を取っていたんですが
夫がすぐに熱心な信者になってしまったんです
私はつき合い程度で
会合も年に数回だけ
しょうがなくでるくらいでした
ですから宗教団体の人からは
不熱心だと面と向かって
言われたことがありました
1ヶ月前ほど主人と
私が宗教団体の幹部に呼ばれました
高級マンションの
最上階で広いお宅でした
奥様は不在で幹部と他に2人の男性がいました
内容は当然私の不熱心さです
そして驚いたことに主人も
一緒になって私をなじるのです
幹部は
「解りました。では奥さんが
熱心に活動に励めるように
これから懲罰と心入れをしましょう
ご主人いいですか」
というと、主人はOKし部屋から出ていきました
そして私は後ろから
2人の内1人の若い男性から
羽交い締めにされ
後ろ手に縛られソファに
顔を埋めて身動きできなくされたのです
そして高々とお尻を上げさせられ
誰だかわかりませんが
痴漢するように尻を
なでられ鷲掴みにされました
必死に抵抗しても動けません
スカートをめくられ
パンティの上からオマンコを
いじってきてレイプしてくるんです
一人は私の胸をもみしだき
乳首を探し当ててつまんだり
擦ったりします
「なるほどT(主人です)さんが
自慢するだけあってエロい体だ
これは懲罰して
心を入れる甲斐がありそうですな」
といいながら、オマンコを
愛撫しているのは幹部でした
そしてパンティがハサミで切られて
とうとう3人の男の目の前に
恥ずかしいお尻とオマンコが晒されました

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。