【人妻体験談】夫の実家で両親と同居して親族の男を喰いまくる淫乱痴女な不貞妻

私は淫乱痴女な不貞妻でして
夫の父、義父と義父相姦して
不倫しています
夫は長男の為
結婚後、夫の実家で
両親と同居する事になりました
義父はすでに
60歳を過ぎて定年退職
義母は五十路後半なので
会社で働いています
その為に結婚して
専業主婦をしている私は必然的に
夫よりも義父と過ごす時間が多くなり
ましてや、義父は夫に似て
私の好みのタイプでありました。
私は好みのタイプであれば
基本的に年齢や
血縁関係などは特に問いません
事実、10歳で初恋と
初キスの相手は
8歳だった年少の頃の夫
16歳で処女を捧げた相手は
11歳の実弟であったし
18歳のときに家庭教師をしていた
12歳の生徒がモロ好みだったため
肉体関係を結び
その生徒に似ていた
36歳の父親と
65歳の祖父とSEXしたんです
この生徒とは今でも
たまに会ってセックスをしており
生徒の友達を数人紹介してもらった
この事実を知った実弟からは
底無しのバカといわれましたが
20歳の時には
私の大学の下見に来て
偶然再会した18歳の夫も
迷わず食らい付いて
モノにしましたし
大学の卒業旅行では
旅先で35歳の男性と
その14歳の息子
旅館で出会った2人の
12歳の男の子
混浴温泉であった14歳と
12歳の兄弟を食いました
結婚してからは
家庭教師をしていた生徒の弟とその友達と
兄の息子で11歳の甥を
筆おろししてあげました
最近では甥の友達二人を
誕生日のお祝いに
セックスをしてあげました
みんな私のタイプの男性
特に甥は昔の弟にそっくりで
美少年の上
オチンチンの相性が
私のマンコととてもいいのです
私はかなりの肉食系主婦なんです
まあ、それはともかく
義父は笑顔が素敵で
性格も穏やかな男性なんです
夫は女の子のように可愛い顔で
義父同様に穏やかな性格でしたが
いつも寂しそうな感じが
義父と違います
その笑顔に惹かれました。

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。