【人妻体験談】隣の奥さんに筆下ろしをしてもらい、ミルクタンクな人妻を知った

ミルクタンクな人妻の魅力を知ったのは
私が大学生の時です
田舎育ちな私は
大都会「東京」に強烈な憧れを持ち
東京の大学を受け、無事合格し
念願の東京に上京したんです
初めての一人暮らしで
料理、洗濯など本格的にやるのは初めてで
色々大変でしたが
何とか生活していました
特にマンションの隣室の人妻には
時折差し入れや
旅行に行ってきたおすそ分けをいただいて
親切にしてもらいました。
隣人の奥さんは、関西弁ですが
あまりきつい印象はありませんでした。
お子さんも2人いるらしく
上の子は小学生、
下の子はこの間生まれたばかりの乳児
旦那さんもいい人で、
朝に行き会うと声をかけてくれていました。
ある日昼過ぎ
私が部屋でレポートを作っていると、
りえさん(隣人の奥さん)がやってきました。
「ねえ、ちょっと家に来ない
おいしいお菓子があるのよ」
「はあ、いいんですか。
お子さん嫌がりませんか」
「大丈夫。今は寝ているから
上の子は学校に行っているし」
そういうわけで
隣人の奥さんのご自宅にお邪魔しました
玄関に入るととてもいい香りがしました。
リビングには子供の写真や
おもちゃが置いてあります。
「いい家だな」
と、ふと自分の実家を思い出しました。
りえさんは「座って」
とソファーに誘導してくれます。
「夫の職場で旅行に行ってきた人がいて、
お土産なのよ」
と紅茶をすすめてくれます
奥さんはTシャツにホットパンツ
ブラジャーはつけていないのか線は見えません。
しかもかがむと
大きなオッパイの谷間がチラ見えするんです
またホットパンツの
お尻もムチムチしています
りえさんは
「ごめんね。下の子の夜泣きはうるさくない?」
と聞いてきます。
僕にも小さい弟がいたので
夜泣きは気になりません
むしろ旦那さんとの
夜の生活の声が気になります。
特に奥さんが
「マンコなめて」
「チンポなめたい」
「アナルもなめて」
など昼間からは想像できない
淫語を発しているのが
壁越しにもうっすらと聞こえてきます

続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。