【体験談】バイクを倒して壊した若い奥さんに体で払ってもいいと言って・・・

0485
バイクを倒した奥さんとエッチした時のエロ体験談

5年間の超節約生活を続け、やっとの思いで買った外車のバイクをマンションの駐輪場に停めていた。


ある日、同じ階に住んでいた21歳の若い奥さんがいきなり部屋を訪ねてきて「本当に申し訳ありません!あの大きなバイクをこかしてしまいました。

」と言うので現場を見に行くと、僕のバイクは右側に倒れ、割れたカウルの破片やサイドミラーが散乱していました。


奥さんの話を聞くと原付で買い物を済ませて帰ってきたときに僕のバイクの左側に停めようと進入したところ、バランスを崩して右側に倒れ、とっさに僕のバイクに掴まったがその勢いのまま僕のバイクごと倒れてしまったそう。


僕は奥さんを連れて自室に戻りましたが、あんなに苦労して買ったバイクを壊された怒りで冷静に話をすることができませんでした。


テーブルをバンバン叩いて頭ごなしに怒鳴りまくっていました。

何を言ったかもほとんど覚えていません。

奥さんはひたすら正座でうつむいて謝罪を繰り返していました。


話が弁償になったところで、バイクを買ったショップの担当に来てもらい修理の見積もりをしてもらうことになりました。


担当者がざっと見て周り「細かい金額はまだわからないけれど、ざっと30万近くかかると思うよ?」と言うと、奥さんが「さ…さんじゅ!?」と目を大きく見開いていました。


再び僕の部屋に戻ると「申し訳ありませんが、私に30万ものお金はすぐに用意できません。

でも必ず払いますので分割にしていただけませんか?」とほぼ土下座のような状態で言ってきた。

しかも「主人にはどうか内密に…。

」と付け加えてきました。



続きを読む

ネタ元はこちら

コメントは受け付けていません。